×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

車購入・買い替えの下取り・査定・値引き・保険選びなど

体験に基づいてオススメする情報

HOME

         
     

新車を購入する

車の価格交渉の手順

便利な新車見積もり方法

お得な○○車

新車価格が下がる時期

交渉前の心構え

交渉と値引きの手引き

本契約の交渉での値引き方

オプションの種類

契約書の内容

カーローンの金利

クレジットカードを利用する

自動車保険の選び方

 

 

査定125_125_01

 自動車保険の選び方

 

 念願の車を購入したけれど、選び方によってその後の経費が結構かかってしまいます。大体経費として、ガソリン・重量税・車検・保険などがあげられますが税金やガソリン代は価格が決まっているので、あまり乗らないようにとガソリン代を浮かすくらいしか出来ません。
 しかし、車検や保険はサービスの多様化でネットや専門店が出来るほどで、良いところを選べばずいぶん経費削減できるといえます。
私も前車がディーゼルの割に排気量が高いなどの理由で重量税が高く、保険も知人の紹介してもらったところに入り、任せきりでずいぶん経費がかかり損をしていました。
 そんなときインターネット無料一括見積もりを知りまた、車を買い換えたことで「どうせ無料だし、安ければ得かな」と考え早速査定。
 同じ条件でいくつかの自動車保険会社の見積もりが送られてきて比較できました。 親にもすすめて見積もりしましたが、そのときは契約者の年齢が高いこと・通勤に毎日利用していることなどから3〜4社の査定でした。
 契約者情報、車の乗り方、使い方、年齢、免許証の種類などの条件によって見積もりを提供してくれる保険会社の数が人それぞれかわってくるようです。

保険料が安くなる項目

 私の場合は約6〜7社からの見積もり比較できました。査定の条件によって大きく保険料も変わってきます。 年齢や免許の色や取得年月日は変えられませんが以下の項目で安く済むようです。

  1. 車に乗っている距離・・・通勤・買い物・仕事・レジャーなどにより変わるので、通勤や作業車として利用しているより週末利用のみや走行距離が少ないほうがやはりお得。

  2. 乗る人を限定する・・・自分しか使わないのであれば本人のみ登録可能で安く済みます。家族の中でも特定の人しか乗らないという方でも、限定して登録できるので、保険会社によっては家族限定や年齢限定よりも安く済むようです。
  3. 割引・・・インターネット割引や早目申し込み割引があります。また、毎月保険料を支払うよりも年間一括払いのほうがお得です。

その他に、事故をした場合の補償内容補償金額によって変わります。これは車の年数や個々の価値観が違うのでこうした方がいいとは一概にはいえません。

 

私の場合は次のようになりました。

  • ミニバンを新車で購入1年目

  • 排気量は2500cc

  • 家族限定で私と妻のみ

  • 走行距離は週末に乗る程度なのでそのように選択していきました

  • ゴールドカードではない

  • 車両保険はなし・・・・など

その結果、¥38910(一括払い)と一番安かった「アメリカンホームダイレクト」に決定。(補償内容により他の人とは前後します) 「○○海上火災」(旧)のとき¥50000近くだったので、経費削減として見積もりしてよかったと思っています。今では毎年更新日近くになると、一括見積もりをし直して一番お得な保険会社に契約しています。

【保険見積もりに必要なもの】
下記のものを準備しておけばすぐに見積もり可能です。

無料一括見積もり開始

 

  1. 運転免許証  ・・・免許取得日・カラーなど記入の際必要
  2. 車検証     ・・・車検日や排気量など記入の際必要
  3. 車のナンバー(プレート)
  4. 保険証書   ・・・保険満期日を記入の際必要。補償金額など今入っているものと同じ条件で比較したいのなら必要。

最大9社の見積もりが可能です。

  • 三井住友海上
  • あいおい損保
  • 日本興亜
  • ソニー損保損害保険
  • チューリッヒ保険
  • アクサ損害保険
  • 三井ダイレクト
  • アメリカンホームダイレクト
  • ゼネラリ保険

 

 

 

HOMEリンクサイトマップ

Copyright (C)2005 Info by car.All rights reserved.