×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

車購入・買い替えの下取り・査定・値引き・保険選びなど

体験に基づいてオススメする情報

HOME

         
     

新車を購入する

車の価格交渉の手順

便利な新車見積もり方法

お得な○○車

新車価格が下がる時期

交渉前の心構え

交渉と値引きの手引き

本契約の交渉での値引き方

オプションの種類

契約書の内容

カーローンの金利

クレジットカードを利用する

自動車保険の選び方

 カーローンの金利

 

 ほとんどの方は車を購入するとき頭金をだしたり、下取り車から値引いた価格をローンを使い払うと思います。その際の金利も消費税以上にとても重要です。
 消費税は
5%で取り除けなければ変えることも出来ませんが、金利は借りる会社により違うので、支払いにかかる金額も場合によってはとても損をします。ディーラーより金利が安いカーローンを知っているのであればそちらで組んだ方が良いでしょう。
 ディーラーでの金利は特別期間で低くなっているところ以外はとても高く
6%前後から8%内がほとんどです。もちろんローンを組む金額や年数によって損をする違いは出ますが、やはりどうせ払うなら金利の低いところが一番です。
 ディーラーの正規のカーローンは上記の
6〜8%ですが、他にもディーラーで別のローン会社を紹介してくれます。
私の場合はそちらのローン会社を利用してカーローンを組みました。そのときの金利は
3.9%でした。
 もしディーラーでカーローンを組もうと思うのなら本契約のとき別のローン会社はないのか尋ねてみてください。

 ローンを組んで何年か支払いを続けて残金が残りわずかだった場合、まとめて支払いができるのであれば払ってしまいましょう。たいていのローンはの年数によって金利も変動しています。
 支払いが短く完了してしまえば、ローンを組んだときにかかっていた金利よりも安く済みます。残金の確認やまとめて支払う場合はローンを組んでいるクレジット会社に連絡をすれば教えてくれます。

 

 

HOMEリンクサイトマップ

Copyright (C)2005 Info by car.All rights reserved.