×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

車購入・買い替えの下取り・査定・値引き・保険選びなど

体験に基づいてオススメする情報

HOME

         
     

新車を購入する

車の価格交渉の手順

便利な新車見積もり方法

お得な○○車

新車価格が下がる時期

交渉前の心構え

交渉と値引きの手引き

本契約の交渉での値引き方

オプションの種類

契約書の内容

カーローンの金利

クレジットカードを利用する

自動車保険の選び方

 交渉と値引きの手引き

 

ディーラーでの新車購入でほとんどの場合は、交渉の際の値引きのしかた(させかた)により価格が決定してしまいます。今の現状で、どこのメーカーもたいてい車体価格の値引きは10万から良くても20万です。
 値引率も営業マンにより異なり、店長クラスとなればその他の営業マンよりも上乗せして値引きできる権限があるようです。
 低い車体値引きでも、下取り車があればたいてい
「その分下取りに上乗せします」といわれるのがパターンです。
 しかし、すべての人にそのようにしているのだから、上乗せというのはおかしな言い方だと思いませんか?「本当ですか♪」など喜んでいる場合じゃありません。(当たり前のことだ)・・・と思わなくてはいけません。
 その言葉に乗ってしまい「得をした」と思ってそこで交渉は終わってしまいます。たとえ交渉したとしてもあまり効果はないでしょう。
 また、「○○円分のオプションプレゼント」など、その期間はみんな交渉なしで割引してくれるのがあたりまえです。そこで満足して得した気分になってはいけません。プレゼントはもちろんしてもらい、その他のものはそこからどれだけ値引きしてくれるのか交渉することが大事です。
 このときの対象はディーラーオプションです。(
ディーラーオプションとは?

車市場(パーツ、保険、中古車など)

 

 

HOMEリンクサイトマップ

Copyright (C)2005 Info by car.All rights reserved.